ホワイトニングは痛くない!

税理士顧問料の相場について

こちら→→大田区 税理士結構オススメ
いざ税理士を顧問として雇うことを考えた場合に、
誰もが気になることがその報酬です。
事業内容や、その規模によって異なるので一概には言えませんが、
毎月の顧問料は、法人であれば3万円、個人で2万円、
決算料は法人で20万円、個人で10万円が基本です。
従業員が存在する場合は、年末調整時の手数料が、
およそ毎月の顧問料の一ヶ月分必要になります。(従業員が多いとそれ以上掛かります)
かつては、日本税理士会連合会が制定していた報酬規定というものがありました。
ですが平成14年4月からこの規定が廃止されて、
各事務所が独自の報酬規定を作成する事になりました。
かつては、報酬規定に従って計算すると、毎月の顧問料は高額なものになってしまいましたが、
これでは客が来ないということで、5掛けや6掛けなどで顧問料を決めていたそうです。
ただし、この報酬規定は、最高限度額しか定められていなかったので、
税理士自身も、よほどの特殊な状況を除いて目を通していなかったようです。