ホワイトニングは痛くない!

糖尿病を自分が考える時

糖尿病という病気は昔からあったせいもあり、最初のころは「ふーん、そうなんだ」程度に考えていました。実際の話として母方の祖父が糖尿病で苦しんでいた事は後で知りました。(実は母方の祖父は私が4歳の時の冬に心筋梗塞と溺死により亡くなっています。その為遺族たちから聞いた話でしか話せない部分があることをご容赦ください)
しかし物心も付き、成長するにつれ、糖尿病の恐ろしさがよくわかるようになっていきました。高校生の時、同じクラスの女子の一人が糖尿病であることが人づてではありましたが知るようになりました。たしかに他の人たちとは雰囲気がなんかおかしいという女の子ではありましたが、まさか糖尿病とはといった感じを受け、糖尿病というのは身近にある病気なんだなとおみました。
その後、大学へ進学し、就職をしたのですが、なぜかはわからないのですが糖尿病持ちという人が多いのはびっくりしています。糖尿病に腐れ縁があるのかはわかりませんが、ただ針を刺して血を出すという行為は耐えられません。怖いです。
私はならないように節制したいと思っています。
何かわからないことがある場合は大阪市 糖尿病へ足をお運びください。