欧州中央銀行による量的緩和の影響について。

欧州中央銀行による量的緩和の影響について。

欧州中央銀行(ECB)は1月22日、国債の買入れによる量的緩和政策について発表しました。このサイトが良いと思いますよクロスリテイリング アフィリエイトセンターで悩みを解決。

 

あらかじめ予測されていた内容とはいえ市場は瞬時に反応し、ユーロ円については137円から134.5円へ、大きく円高の方向へ振れました。このサイトが良いと聞きましたクロスリテイリングでした。

 

この発表により、ユーロ円相場はユーロ安・円高という方向にトレンド転換したようです。
ユーロ円相場の最高値は、2012年7月の95円という金額です。友人から教えてもらったサイト→クロスリテイリング株式会社ここで解決するしかない!

 

さすがにそこまで戻すことはないにしても、2013年11月以来下回ることがなかった135円のラインを今回、あっさりと割り込みました。アクセスして悩みを解決しよう→FX-Jin 評判には助けられました。

 

問題はどこまで下値を目指すかということですが、当面130円ラインを突破するかということに注目したいと思います。
ドル円相場についても、ユーロ円に引きずられる形で円高に振れました。
昨年12月の、121円を突破し125円を目指すような円安の勢いは完全に無くなっています。
ドル円については当面、116円から120円の間で緩やかなレンジ相場を形成するのではないか、と思われます。ここでしょ→クロスリテイリングは評判も良いみたいですよ。

 

特にドル円については急激な円安については日本経済に悪影響を与える可能性も示唆されていたため、円安が一服して、むしろ良かったのではないかと思われます。